pr_banner
 
人材を共育し、地域を共創する

「びわ湖ナレッジ・コモンズ―地と知の共育・共創自立圏の形成」

 文部科学省の平成25年度「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」に、滋賀県立大学が申請した『びわ湖ナレッジ・コモンズ ──地と知の共育・共創自立圏の形成──』が採択されました。 滋賀県立大学は、県東北部唯一の総合大学としての多様なシーズ・実績を活かし、関係自治体などとの連携のもと、少子高齢化や若者人口減少に起因する様々な地域課題に対し、教育、研究、社会貢献の観点から解決に取り組みます。
COC事業の概要地(知)のデータベース 近江地域学会地域デザイン・カレッジ

※COCは「Center of Community (センター・オブ・コミュニティ) 」の略称で、大学が、全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を進めることで、地域コミュニティの中核的存在としての大学の機能強化を図ることをめざしています。

■理事長/学長からのメッセージ
■文部科学省 地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)
COC事業に関するお知らせ