A-bookとB-bookとは何?違いとそれぞれのおすすめ海外FX業者まで紹介

海外FXについて調べていくと『A-book』『B-book』という言葉を目にすることがあります。

「A-book、B-bookって違いは何なの…?」

「A-bookとB-bookの業者、どっちを使うのが良いんだろう…?」

と疑問に思いますよね。

この記事では、A-bookとB-bookについて比較しながらそれぞれの特徴を説明した上で、どんな人がA-book、B-bookの取引業者を使うべきかをお伝えしていきます。

最後まで読めば、A-bookもB-bookも使い方次第でどちらも有益ということがわかりますよ!

A-bookとB-bookの違いを比較

まずはA-bookとB-bookの仕組みと違いについて説明していきます。

一言で言えば「A-book」はFX業者が投資家とインターバンク市場の仲介役の役割となる業者で、「b-book」は投資家と相対取引を行うFX業者です。

つまり、FX業者の果たす役割が異なるのです。

A-bookとは

投資家からの注文を全てインターバンク市場に流すタイプのFXブローカーのことです。

この場合、FXブローカーはインターバンク市場と投資家を仲介する役割を担います。

B-bookとは

投資家からの注文をインターバンク市場に流さず、FX業者が保有します。投資家から決済注文が来たら相対取引で決済を行います。

この場合、FXブローカーは投資家と直接取引を行う相手となります。

つまりA-book業者はただの仲介人なのにB-book業者は取引の主体者になるということです。

このFX業者の立ち位置からA-bookとB-bookは次の3つの違いが発生します。

3つの違い
  1. 取引の透明性
  2. FX業者の利益の源泉
  3. ノミ行為の有無

    それぞれ説明していきます。

    違い1|取引の透明性(ECN vs STP/OTC)

    A-book 高い
    B-book 低い

    A-bookとB-bookのFX業者の違いとして一番大きいのは取引の透明性です。

    A-bookはNDD方式やECN方式と呼ばれ、インターバンク市場に投資者の注文を流しているため、株式のように板情報が見れます。

    一方B-bookはDD方式やSTP方式、OTC方式と呼ばれ、注文をFX業者の中でホールドするため、提供されるレートが本当のレートではない場合もあります。

    インターバンクと直結しているので不正なレートを提示できないのがA-bookの特徴です。

    違い2|FX業者の利益の源泉

    A-book スプレッドや取引手数料
    B-book 顧客の損失

    A-bookとB-bookでは取引業者の収益の源泉も違います。

    A-bookは銀行と投資家の仲介として動くので、収益は顧客が取引をするごとにかかる「スプレッド」や「取引手数料」になります。

    一方、B-bookは投資家の注文をそのまま受けておき、投資家から逆注文があればそれを決済するため、投資家の損失が丸々FX業者の利益になります。

    逆も然りで、投資家の利益がFX業者の損失になります。

    この利益相反関係がB-book業者と投資家の間で起こるトラブルの原因です。

    違い3|不正や出金拒否の有無

    A-book 不正や出金拒否はない
    B-book 不正や出金拒否の可能性がある

    収益構造の違いからB-book業者では次のようなトラブルが発生する可能性が高いです。

    • ストップ狩り
    • スリッページ
    • 出金拒否
    • 口座凍結

    B-book業者にとって利益を出す投資家は不都合です。

    そのためVDP(ヴァーチャル・デーモン・プラグイン)と呼ばれるソフトウェアを使った嫌がらせや出金拒否などをして勝っている投資家を追い出すのです。

    勝ちまくる投資家がいれば、FX業者側が損をする形になるので、あの手この手で「追い出そう」とします。

    その結果、不正なレートの提示や出金拒否などのトラブルにつながります。


    以上がA-bookとB-bookの違いです。

    もう一度違いをまとめておきますね!

    3つの違い
    1. 取引の透明性
    2. FX業者の利益の源泉
    3. ノミ行為の有無

    これだけ見ると圧倒的にA-bookの業者を使うべきだと思ってしまいますよね。でも実はそんな簡単な話ではありません。

    次にそれぞれのメリット・デメリットを見ていくことでB-bookの良さもわかりますよ。

    それぞれのメリット・デメリット※B-bookが悪ではない!

    A-bookとB-bookそれぞれのメリットとデメリットをまとめると次の通りになります。

    A-book B-book
    メリット
    • 出金拒否なし
    • 透明性の高い取引
    • スプレッドが狭い
    • ボーナスが手厚い
    • スリッページなし
    デメリット
    • スプレッドが広い
    • ボーナスがない
    • 約定力が落ちる
    • 勝ち続けると不正あり
    • 出金拒否の可能性
    • スキャルピング禁止

    それぞれもう少し詳細に解説していきますね!

    A-bookのメリット・デメリット

    A-bookのメリットは次の通りです。

    メリット
    • メリット1:勝ち続けても出金拒否にならない
    • メリット2:レート操作のない透明性の高い取引ができる

    A-book業者は、投資者が勝ち続けても何ら不利益を受けません。FX業者と投資者は利益相反ではないので、出金を拒否する理由がないからです。

    また、インターバンク市場と直接つながっているので、レート操作のない透明性の高い取引が実現できます。

    業者に左右されず、安心して公正な取引ができるということです。出金拒否がないので、大きな資金を入れて取引を行っても大丈夫!。

    一方、A-bookのデメリットは次の通りです。

    デメリット
    • デメリット1:スプレッドが広め
    • デメリット2:ボーナスがない
    • デメリット3:約定力が落ちる

    A-bookではスプレッドが収益の源泉であるため、めちゃめちゃ狭くすることはできません。スプレッドはゼロに近いけど別途取引手数料を取ることもあります。

    また、A-bookでは手厚いボーナスがないこと、インターバンクへの注文が通らなかったら約定しない可能性があることもデメリットと言えます。

    利益を出す難易度が少し高くなってしまうので、スプレッドの影響が小さいデイトレやスイング向きです。

    また、ボーナス目的では使えません。

    B-bookのメリット・デメリット

    B-bookのメリットは次の通りです。

    メリット
    • メリット1:スプレッドが狭い
    • メリット2:ボーナスが手厚い
    • メリット3:スリッページが発生しない(故意を除く)

    B-bookは顧客の損失がFX業者の利益になるため、魅力的な条件を提示してたくさんのトレーダーを迎え入れています。たいていの顧客は損をして終わるため、とにかく新規顧客を集めるというわけです。

    そのため、スプレッドを狭くし、ボーナスをたくさん出して初心者トレーダーにとって取引しやすい環境を整えています。

    投資家からの注文はインターバンクに流していないので、スリッページが発生しにくいのもメリットです。

    つまり、有利な取引環境を提供してくれるというのがB-bookの良いところです。

    一方、B-bookのデメリットは次の通りです。

    デメリット
    • デメリット1:勝ちすぎるとVDP設定をされる
    • デメリット2:出金拒否などのトラブルが起きる可能性がある
    • デメリット3:スキャルピングが禁止されている

    B-book業者を使う一番大きなリスクは「レート操作の可能性があること」と「出金拒否」です。

    B-book業者としては勝ち続けられると困るので、勝ちすぎるとVDP設定をされたり、難癖をつけて出金拒否されたりします。

    100万円くらいの利益・出金であればほとんどの業者で目をつけられることはありませんが、たくさんのお金を入れておくことのないよう注意が必要です。

    要はたくさん利益を出してしまうと不利になる可能性があるってことです。B-bookと投資家は相対取引であることを念頭に置いてリスクを避けていく必要があります。

    A-bookとB-bookどっちのFX業者を使うべき?

    どちらにもメリットとデメリットがあり、一概にどっちがおすすめと言うことはできません。人によって上手く使い分けていくべきです。

    B-bookよりA-bookの方が信頼性が高いからといってB-bookの業者を使わないのももったいないです。

    A-bookもB-bookもメリットもデメリットもあります。うまくそれぞれ補完して使い分けることで、両方のメリットを享受することができます。

    A-book業者がおすすめのトレーダー

    A-bookがおすすめ
    • 安定的に利益を出せる中上級者
    • 100万円以上原資を入れて運用したい方
    • デイトレやスイングなどスプレッドが気にならないトレードスタイルの方

    A-book業者は透明性の高い取引ができるため、安定的に利益を出せる中上級者の方におすすめです。

    業者による理不尽なストップ狩りやスリッページに悩まされることがありません。

    その分スプレッドなどの取引コストが高くなる傾向にありますが、多くの資金を運用したいという方は安心感が違います。

    海外FXは危険という先入観がありましたが、A-bookならそんなことはありません。もちろん絶対大丈夫ということはありませんが、資産保全もしっかりしているので、資金が大きくなってきたらA-book業者を使うことをおすすめします。

    B-book業者がおすすめのトレーダー

    B-bookがおすすめ
    • 勝ったり負けたりを繰り返しているトレーダー
    • 少なめの原資+ゼロカットで効率的に資金を増やしたい方
    • ハイレバスキャルピングをやりたい方

    B-book業者は有利な条件で取引を行えるというメリットがありますので、初心者の方におすすめです。

    大量の資金をいれなければ出金拒否もありません。

    例えば…

    • 3万円入金して、100万円まで増やしたら出金する
    • ボーナスを元手にハイレバトレードで増やす

    このような取引を行いたい方はB-bookが使いやすいです。

    利益が出せるようになったらA-bookに移行すれば、B-bookで不利益を受けることもないでしょう。

    元手の少ない初心者であればB-bookのメリットだけを享受できるんです。1千万円くらいまでであればトラブルになることは少ないですよ!


    ここまでA-book業者を利用すべき人とB-book業者を利用すべき人について解説してきました。もう一度おさらいしておきましょう。

    ◎A-book業者がおすすめ

    • 安定的に利益を出せる中上級者
    • 100万円以上原資を入れて運用したい方
    • デイトレやスイングなどスプレッドが気にならないトレードスタイルの方

    ◎B-book業者がおすすめ

    • 勝ったり負けたりを繰り返しているトレーダー
    • 少なめの原資+ゼロカットで効率的に資金を増やしたい方
    • ハイレバスキャルピングをやりたい方

    個人のレベルや取引スタイルによって有利な方は違ってきます。

    初めての人はまずはB-bookを使って、安定的に利益を出せるようになったらA-bookに移行すればOKですよ!

    A-book業者とB-book業者の見抜き方

    A-book業者とB-book業者の見抜き方をお伝えします。

    • ボーナスキャンペーンが手厚い
    • スプレッドが異常に狭い
    • 500倍以上のレバレッジを提供している

    これらに該当する海外FX業者はB-book業者と判断して良いでしょう。

    魅力的な条件で人を集めて、その人の損失を丸々利益にしようと行動するのがB-book業者の特徴です。

    繰り返しになりますが、これはトレーダーにとって悪いことでは無いので、B-book業者の狙いを理解しつつ、逆に利用する気持ちで使っていきましょう。

    私自身も、途中まではB-bookって使っちゃダメだと思っていたけど、そんなことは無いことにある時気づきました。ボーナスを上手く使えば成功の可能性は高くなりますし、スプレッドが狭いので利益は出しやすいですからね!

    続いてA-bookの業者とB-bookの業者、それぞれでおすすめのFX業者を紹介していきます。

    A-bookの海外FX業者おすすめ2選

    A-bookおすすめ業者

    A-bookの海外FX業者の中でおすすめのところを2つ選定しました!

    では1社ずつ説明していきます。

    A-book業者1|Tradeview(トレードビュー)

    Tradeview,トレードビュー

    【公式】https://www.tradeviewforex.com

    一番おすすめのA-book業者がTradeviewのcTrader口座です。

    Tradeviewはもともとプロ投資家向けの取引プラットフォームだったこともあり、口座のスペックは非常に高いです。

    Tradeviewが繋がっているLP(リクイディティプロバイダー)数は200以上であり、マーケットの流動性が薄くなることが少ないです。

    ただし最低入金額が10万円以上、ロスカット水準が100%と資金効率の面では少し使い勝手は悪いです。

    A-book業者2| FX-OPEN(FXオープン)

    FXOPEN

    【公式】https://www.fxopen.com

    A-book業者でスキャルピングをしたいならおすすめなのがFX-OPENのECN口座です。

    最大レバレッジは500倍、ロスカット水準は50%とTradeviewよりリスクを取った取引を仕掛けることができます。

    また、スプレッドも海外FX業者の中で最低レベルです。

    ただし、日本語のサポートがないので、英語がわからないと不安になるというのがデメリットです。

    B-bookの海外FX業者おすすめ3選

    B-bookがおすすめ

    B-bookの海外FX業者の中でおすすめのところを3つ選定しました!

    では1社ずつ説明していきます。

    B-book業者1|XM Trading(エックスエムトレーディング)

    XM Trading

    【公式】https://www.xmtrading.com/jp/

    B-bookの中でも初心者に特におすすめなのがXM Tradingのスタンダード口座です。

    口座を開設するだけでボーナス3,000円が受け取れますし、入金に応じてボーナスがつきます。

    日本人が安心して取引を行えるようサポートも手厚いですし、両建てなど禁止行為に該当する取引を行わなければ出金拒否されることもありません。

    若干スプレッドが広いという問題がありますが、総合的に見て一番おすすめできる海外FX業者です。

     

    B-book業者2|Axiory(アキシオリー)

    Axiory(アキシオリー)

    【公式】https://www.axiory.com/jp/

    短期取引におすすめなのがAxioryのSTP口座です。

    Axioryは低スプレッドに加えて、インターバンク市場に直結の「NDD方式」を採用しており約定スピードも非常に早いです。

    特にcTraderという取引ツールを使うことでめちゃめちゃ約定が早くなります。

    口座残高が100,000ドルを超えなければレバレッジ400倍までかけられますし、ロスカット水準も20%と低め、0.01ロットから取引可能、と少額資金からスキャルピングを行うのに最適です。

     

    B-book業者3|TaitanFX(タイタンFX)

    TaitanFX,タイタンFX

    【公式】https://jp.titanfx.com

    低スプレッドを追求するならおすすめなのがTaitanFXのSTP口座です。

    国内FX業者と同じくらい低いスプレッド水準で、しかもゼロカット採用、レバレッジは500倍。

    ハイレバスキャルピングで少ない資金でガンガン増やしたいという人に理想的な環境となっています。

     

    初心者はB-book、利益が出始めたらA-bookに移行がおすすめ

    この記事ではA-bookとB-bookの違いと、どちらを使えば良いかを説明してきました。

    まとめると以下の通りです。

    ◎A-bookとB-bookの違い

    • 取引の透明性
    • FX業者の利益の源泉
    • ノミ行為の有無

     

    ◎A-book業者がおすすめな人

    • 安定的に利益を出せる中上級者
    • 100万円以上原資を入れて運用したい方
    • デイトレやスイングなどスプレッドが気にならないトレードスタイルの方

     

    ◎B-book業者がおすすめな人

    • 勝ったり負けたりを繰り返しているトレーダー
    • 少なめの原資+ゼロカットで効率的に資金を増やしたい方
    • ハイレバスキャルピングをやりたい方

    A-book業者とB-book業者の特徴をしっかりと把握した上で、どちらの業者を使っていくかを決めていくことが大切です。

    まだよくわからないという人はとりあえずB-book業者でボーナスや低いスプレッドを利用して資金を増やすことにチャレンジすると良いでしょう。

    その上で、安定して勝てるようになったり、ちょっとレートの動きやスリッページに不自然な動きが出てきた時点でA-book業者に移行する、という使い方をおすすめします。

    ◎A-bookおすすめ業者

    1. Tradeview(トレードビュー)
      プロ投資家向けのプラットフォームで口座スペックが高い
      【公式サイト】https://www.tradeviewforex.com
    2. FX-OPEN(FXオープン)
      スプレッドが低くスキャルピング向けのA-book
      【公式サイト】https://www.fxopen.com

     

    ◎B-bookおすすめ業者

    1. XM Trading(エックスエムトレーディング)
      日本人支持率圧倒的No.1。総合力が高い
      【公式サイト】https://www.xmtrading.com/jp/
    2. Axiory(アキシオリー)
      cTraderで約定力がめちゃめちゃ高い
      【公式サイト】https://www.axiory.com/jp/
    3. TaitanFX(タイタンFX)
      低スプレッドでハイレバスキャルピングに最適
      【公式サイト】https://jp.titanfx.com

    初心者はまずはB-bookを使っていけば大丈夫です。

    追い出されるのは相当利益を出している人ですから、大抵の人は不利益を受けないはずです。

    © 2021 海外FXは俺の嫁 Powered by AFFINGER5