彦根デザイン・カレッジ 荒神山キャンパス 活動拠点

彦根市荒神山自然の家』について

hk_1   荒神山自然の家では、独自に企画した自主事業を行っています。対象を子ども、大人、ファミリーに分け、趣向を凝らしたイベントを行います。

hk_2春に子ども対象に日帰りの野外キャンプを、夏には、サマーキャンプを実施して、テント泊を中心にテント設営や撤営、野外活動、野外炊事をはじめとした活動をおこなっています。

秋の事業は、「トレッキングで史跡めぐり」を教育委員会文化財課と共催で実施しています。巳年にちなんだ年は、自然が作った蛇岩や横穴式石室、井伊家縁の荒神山神社遥拝殿を、学芸員の解説を聞きながら訪ね歩きました。また、巡礼街道(かっては、朝鮮人街道と呼んでいた)を山崎山から眺め、当時の状況を学芸員が講義をおこない、その間はトレッキングで季節感を味わいました。

また、1hk_31月にはファミリーを対象にした「家族でいっしょに仲良しキャンプ」を実施します。中旬の土曜日から日曜日にかけた2日間に渡り、秋の自然を家族で感じながら、思い出づくりをします。参加対象により、様々な趣向を凝らしています。

1月は、hk_4子ども対象に「荒神っ子クラブ」を予定しています。正月や冬の遊びを取り入れた自然の家ならではの、企画を用意しています。特
に、餅つきは、参加した子どもたちも和気藹々と活動しています。

3月は、大人の方を対象にした荒神山を歩く山登り講座を実施しています。最近では、山男・山ガールと呼ばれ、この夏は世界遺産登録された富士山を登られた方もたくさんありました。山登りの楽しさに少しでも触れてみるということと陶芸などをかみ合わせて次年度の4月におこなうものと抱き合わせた2回連続講座をおこなっています。