米原デザイン・カレッジ

米原市では、人口減少や山間地域の過疎高齢化に伴い、これからより深刻化していく様々な地域課題に対して、行政だけの力ではなく、市民と行政がともに協働して課題解決にあたるまちづくりの実現に向けて取り組みがはじまっています。平成27年度は第2次米原市総合計画策定の時期にあたり、これから10年を見据えた米原市のまちづくりについての検討が進められているところでもあります。

これらの取り組みと連携し、10年後の米原市が、地域課題を市民と行政の対話と実践の中でともに解決していく地域となることを目指して、市民協働のまちづくりを担う人材育成に取り組む拠点として「米原デザイン・カレッジ」を本学と米原市の連携のもと設立しました。

米原デザイン・カレッジ

●活動内容:米原市内各地において、下記項目などに取り組みます。
(1) 地域人材の育成に関する事業
(2) 市民協働のまちづくりの促進に関する事業

●活動事務局:米原市政策推進課内(滋賀県米原市下多良3丁目3番地)

●設立年月日:2015年7月20日

●運営団体:
・滋賀県立大学
・米原市
・ルッチまちづくりネット

 

【実施報告】2015年7月20日 米原市主催「みんなでつくる総合計画 総合計画市民ワークショップ」への連携

【実施報告】2015年8月2日 米原市「みんなでつくる総合計画 総合計画市民ワークショップ」(第2弾)への連携

【開催報告】2015年11月22日 「地域と大学がともに学び合う関係づくり」 米原デザイン・カレッジフォーラム

【実施報告】2016年6月25日 「第2次米原市総合計画パブリックコメント・ワークショップ」への連携

【実施報告】2017年2月26日 「まちづくり人財ノ森集会2017~ひとがまちにかかわるきっかけづくり~」への連携

【実施報告】2017年6月3日 米原まちづくろい会議vol.1「みんなでつくる総合計画」への連携

【実施報告】2017年10月7日 米原まちづくろい会議vol.2「地域ブランディングを考える」への連携