「近江地域学会」カテゴリーアーカイブ

「サステナブル社会のまちづくり」 国際シンポジュウム:滋賀会議を開催しました

滋賀県立大学は、地域社会の発展に寄与することを目的に、平成25年4月地域共生センターを設置しました。また、文部科学省 平成25年度「地(知)の拠点整備事業」に採択され、「近江地域学会」の運営をはじめ、教育・研究・社会貢献の観点から地域の課題解決に取組んでいます。

その一環として、12月3日滋賀県立大学交流センターにおいて「『サステナブル社会のまちづくり』国際シンポジュウム:滋賀会議」を開催しました。人口減少時代を背景に、様々な地域で人工資産の遊休化が進んでいます。この資産を活かした地域の再生について、ドイツの経験も踏まえながら議論を行いました。定員を上回る113名の方にご参加いただき盛会となりました。

「サステナブル社会のまちづくり」 国際シンポジュウム
滋賀会議:滋賀で考えるサステナブルなまちづくり
「近江地域学会」公開シンポジウム

日 時:2014年12月3日(水)13:30〜17:00
会 場:滋賀県立大学・交流センター
参加費:無料
参加者:113名
主 催:滋賀県立大学地域共生センター ・近江地域学会
共 催:明治大学サステナブル建築研究所+ 国際連携本部
後 援:団地再生支援協会、UR 都市機構、国土交通省、都市計画家協会、東京自治研究センター、東京市町村自治調査会、関西大学地域再生センター、文化日独コミュニティ
用 語:日本語・英語(逐次通訳)、和英併記配布資料
    通訳:ピーター・モーリス 滋賀県立大学国際化推進室長

20141203_1
滋賀県立大学理事長であり近江地域学会長である大田啓一より主催者を代表して開会挨拶を行い、本学の取り組みや本会への期待をお話しました。

20141203_2
はじめに、明治大学、団地再生支援協会の澤田誠二氏より、「団地再生とサステナブル社会のまちづくり」というテーマで、本会の主旨を説明していただきました。人口減少社会に入った日本・世界の各地域において、あらゆる人工資産の遊休化が進行しています。本会はその資産を活かし、地域再生へと進む方法を事例を交えて議論する場として開催しました。

20141203_3
まず、ドイツの都市計画家、H.シュトレープ氏より、「ドイツ・チューリンゲン州のIBA地域再生プロジェクト」というテーマでご講演をいただきました。ドイツには、建設や都市づくりを計画から実現、検証まで一貫して推進する伝統的な方式があります。このIBA(国際建築展:Internationale Bauausstellungの略称)と呼ばれる方式について、実例を交えてご紹介いただきました。

その後、滋賀における取り組みや研究の紹介が続きました。

20141203_5
まず、滋賀県立大学地域共生センター長の仁連孝昭より、「滋賀のサステナブルな地域づくり」というテーマで、日本の人口減少社会の現状と、滋賀における地域再生の取り組みの可能性についてお話しました。

20141203_6
滋賀県立大学教授の松岡拓公雄より「ドイツ・EUにおけるコンバージョン、リノベーション」というテーマで、「循環型社会」への寄与という視点から現地の団地再生などの先行事例を多数ご紹介しました。

20141203_7
高島びれっじ事業協同組合前代表理事の三ツ矢隆敏氏より「高島市の大規模家屋コンバージョンとまちの再生」というテーマで、平成7年にはじまった「びれっじ」という名称のまちの観光拠点・文化の交流拠点・情報の発信基地について、設立の経緯から今後の課題までお話いただきました。

20141203_420141203_8
最後のパネルディスカッションでは、ドイツと日本における政策や産業構造、国民性などの相違について多様な視点が議論されました。なかでも意見の合意形成に必要な過程や、「サステナブル社会」という言葉や制度の定義について、パネリストと参加者の間で活発な討議が行われました。

今後ますます、滋賀を含む日本の各地において、人口減少に関連する課題が深刻になってきます。本会は、ドイツの先行事例を学び今後の日本の地域づくりを考える貴重な国際シンポジウムとなりました。

近江地域学会 つながり研究会「つながりワークショップin草津」を開催します(2014.11.20)

滋賀県内ではこれまでNPO、大学、自治体等において、地域人材育成が盛んに行われてきました。その一方で、地域と人材とのマッチングのノウハウ・知恵をシェアする機会はまだ少ないという課題を抱えています。これに対応するためには、具体的にフィールドで活躍している人材のノウハウを吸収し、実践知にもとづく新たな“つながり方”、“つながる場”を、探求する場が必要です。

こうした課題意識から設立するのが、近江地域学会「つながり研究会」です。先進的に活躍される地域人材から貴重な経験談を聞き取る中でノウハウ・知恵を共有し、研究会でノウハウを知識化(ナレッジ化)するとともに、全県的な地域人材等の多様な主体の“つながり”をつくることを目指しています。

特に、当研究会は、地域をつなぐ、よそ者や若者をつなげる、既存の資源に新たなものや価値をつなげるなどの地域の未来像を描き出す場として、対話、グループワークを通じた活動に重点を置こうとしています。また、一連の研究成果は積極的に冊子化し、滋賀県内、全国においても活用できるノウハウとして積み上げることを目標にしています。

今回のワークショップでは、今後のつながり研究会で議論する課題テーマの抽出を目的として、日頃わからない他地域のネットワークの強みや弱みについて情報共有します。日頃の活動を振り返る、あるいは新たな“つながり”のキッカケを求めている方のご参加をお待ちしています。

近江地域学会 つながり研究会「つながりワークショップin草津」

■日  時:  2014年11月20日(木)18:30~21:00
■場  所:  草津まちづくりセンター2F 201会議室
 ※駐車スペースが少ないため、公共交通機関のご利用にご協力ください。

■定  員:  30名内(要事前申込)
■参 加 費:  無料
■主  催:  近江地域学会 つながり研究会
■共  催:  滋賀県立大学地域共生センター
■参加予定者:NPO・ボランティア団体、行政関係者、滋賀県立大学教員スタッフ等
■プログラム概要:
 18:00〜 開場
 18:30〜 ワーク開会あいさつ(滋賀県立大学 森川稔)
 18:40〜 ワークショップ(ファシリテーター:滋賀県立大学 萩原和、森川稔、上田洋平)
 20:00〜 発表とまとめ
 20:50〜 閉会
■申込・問合せ先:
 お名前・ご所属・ご連絡先(電話またはメール)を明記の上、下記までお申込ください。
 滋賀県立大学 地域共生センター(担当:萩原)

 〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
 Mail hagihara.k@office.usp.ac.jp  Tel 0749-28-9851  Fax 0749-28-0220

【チラシPDF】近江地域学会 つながり研究会「つながりワークショップin草津」

「サステナブル社会のまちづくり」 国際シンポジュウム:滋賀会議を開催します(2014.12.3)

「サステナブル社会のまちづくり」 国際シンポジュウム
滋賀会議:滋賀で考えるサステナブルなまちづくり

かつての人口急増時代に都市で建設された団地は現在急速に遊休化が進んでいる。同じく人口減少時代に突入した地域のどこででも、もちろん滋賀でも、これまで整備されてきた民間、公共を問わずあらゆる人工資産が遊休化を迎えている。空家、閉ざされた商店、大規模施設や工場の閉鎖が生まれている。
これをきっかけに地域の衰退への道を進むのか、地域再生に活かすリソースとして活用するのか、大きな分かれ道である。どのようにすれば、遊休資産化を活かし、地域再生へ進むことができるのか、ドイツの経験も踏まえながら議論する。

日 時:2014年12月3日(水) 13:30~17:30
会 場:滋賀県立大学・交流センター
参加費:無料
定 員:100名(定員になり次第締切)
主 催:滋賀県立大学地域共生センター ・近江地域学会
用 語:日本語・英語(逐次通訳)、和英併記配布資料あり
    通訳:ピーター・モーリス 滋賀県立大学国際化推進室長

プログラム:

13:00~ 受付
13:30~ 主催者挨拶 大田啓一 滋賀県立大学長
13:40~ 主題解説
     団地再生とサステナブル社会のまちづくり
       澤田誠二氏 明治大学、団地再生支援協会
     ドイツ・E U におけるコンバージョン、リノベーション
       松岡拓公雄 滋賀県立大学教授、建築家
14:20~ ドイツ・チューリンゲン州のIBA 地域再生プロジェクト
       H.シュトレープ氏 ドイツの都市計画家
15:20~ 滋賀のサステナブルな地域づくり
       仁連孝昭 滋賀県立大学地域共生センター長
15:40~ 事例報告
     高島市の大規模家屋コンバージョンとまちの再生
       三ツ矢隆敏氏 高島びれっじ事業協同組合 前代表理事
16:00~ ディスカッション(澤田氏、松岡、シュトレープ氏、仁連)
17:30~ 会議終了

共 催:明治大学サステナブル建築研究所+ 国際連携本部
後 援:団地再生支援協会、UR 都市機構、国土交通省、都市計画家協会、東京自治研究センター、東京市町村自治調査会、関西大学地域再生センター、文化日独コミュニティ

【チラシ/PDF】 滋賀会議:滋賀で考えるサステナブルなまちづくり

【申込書/WORD】 お申込み書類
【申込書/PDF】 お申込み書類

近江地域学会 総会・地域シンポジウムを開催しました

9月28日滋賀県立大学交流センターにおいて、大学COC事業の一環として設立した「近江地域学会」の第1回通常総会とともに地域シンポジウムを開催しました。基調講演に東京大学名誉教授 養老孟司氏をお迎えした他、地域活動の事例報告をもとにテーマセッションを行い、212名の方にご参加いただきました。

「近江地域学会」についてはこちらのページをご覧ください。

近江地域学会 総会・地域シンポジウム
「『自分』の壁—地域に生きるとは—」

日時:2014年9月28日(日)9:30〜15:00
場所:滋賀県立大学 交流センター
主催:近江地域学会、滋賀県立大学
共催:彦根市、長浜市、近江八幡市、東近江市、米原市、愛荘町、豊郷町、
   甲良町、多賀町、滋賀県

20180928_1
地域シンポジウムに先立ち、「近江地域学会」会員による第1回通常総会を開催しました。本年2月に設立以来、本学会が取り組んできた地域フォーラム開催、メールマガジン発行などについて報告した他、今後実施予定の研究会活動への参画を呼びかけました。

20180928_220180928_3
地域シンポジウムでは、はじめに近江地域学会長・滋賀県立大学長 大田啓一より開会のご挨拶を述べ、共催者を代表して彦根市長 大久保貴氏にご挨拶をいただきました。

20180928_4
基調講演では、東京大学名誉教授 養老孟司氏をお迎えし「『自分』の壁―地域に生きるとは―」をテーマにお話いただきました。最新のご著書「『自分』の壁」で展開されている論考などをもとに、自分や社会、世界、できごとのとらえかたについて、さまざまな事例を交えてご講演いただきました。質疑応答では、「人権」「愛」ということばや、インターネット・ゲームと子どもの教育などについて、ユニークな視点をご紹介いただきました。

20180928_34
その後、滋賀県知事 三日月大造氏にご挨拶いただき、地域の対話・交流を生み出す場として「近江地域学会」への期待を述べていただきました。

20180928_5
昼食懇親会では、滋賀県でカレーハウスCoCo壱番屋を12店舗運営している株式会社アドバンスが開発したご当地メニュー「鹿カレー」をいただきながら交流を行いました。

午後は、地域活動を実践している3名のゲストをお迎えし、地域課題とその取り組みについてお話いただいた後、それぞれのテーマに分かれてセッションを行いました。

20180928_620180928_7
廣部里美氏(農家・特定非営利活動法人百菜劇場 理事)
近江八幡市北之庄町で営農しながら、6次産業化や新しい女性の生き方の創出などに取り組んでいる事例をご紹介いただきました。セッションでは「地域での自己実現―農のある暮らしの実現」をテーマに、農業を生業にするための課題と解決策について話し合いました。

20180928_820180928_9
野村正次氏(株式会社あいとうふるさと工房 代表取締役)
東近江市で10年に渡り取り実践してきた菜の花プロジェクトからふくしモールの取り組みまで、地域で積み重ねてきた営みをお話いただきました。セッションでは「あたらしい課題解決のかたち―福祉と食の融合」をテーマに、それぞれの課題解決や志の実現について対話・意見交換をしました。

20180928_1020180928_11
川森慶子氏(株式会社アドバンス(CoCo壱番屋滋賀地区オーナー) )
農作物などへの被害が大きかったシカ肉の食用流通を衛生・供給体制・味わいなど多様な課題をクリアし、地域の食材を商品化した事例をご紹介いただきました。セッションでは「地域資源を活かすビジネス思考―めいわくものの商品化」をテーマに、参加型ワークショップを行いました。

「近江地域学会」では、引き続きさまざまな地域課題をテーマに研究・交流できる場をつくっていきます。地域横断的な研究成果の公開や交流から各地域に生まれる具体的・創発的な活動展開への波及を目指し活動していきますので、みなさんぜひご参加ください。

近江地域学会 総会・地域シンポジウム を開催します(2014.9.28)

滋賀県立大学では、平成25年度に文部科学省の採択を受け取り組んでいる「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」(事業名称:びわ湖ナレッジ・コモンズ-地と知の共育・共創自立圏の形成-)により、本年2月「近江地域学会」を設立しました。
本学会は、水平型・公開型のオープン・アソシエーションであり、地域課題解決のため各主体(研究者、地域で活動する人、NPO、企業、行政など)が対話・交流・融合できる包括的な場として研究活動を行います。
このたび、第1回通常総会とともに記念シンポジウムを開催いたします。
基調講演、事例報告を通じて議論を深め、地域課題解決を目指す「びわ湖ナレッジ」の共有を図る機会として、多くの皆様のご参加をお願いいたします。

タイトル: 近江地域学会 総会・地域シンポジウム

日  程: 2014年9月28日(日) (9:30~)10:10〜15:00

場  所: 滋賀県立大学 交流センター(滋賀県彦根市八坂町2500)

全体テーマ:自分の壁 地域に生きるとは

主催・共催:
(主催)近江地域学会、滋賀県立大学
(共催)彦根市、長浜市、近江八幡市、東近江市、米原市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、滋賀県

プログラム
総会 9:30~
9:30- 第1回通常総会(近江地域学会学会員対象)

シンポジウム 10:10~
・挨  拶 学会長 大田 啓一(滋賀県立大学学長) 他
・基調講演 「『自分』の壁―地域に生きるとは―」養老 孟司氏(東京大学名誉教授)
・質疑応答
・知事挨拶 三日月 大造氏

11:55- 昼食懇親会 ※カレーハウスCoCo壱番屋 鹿カレー 617円

・導入「地域課題とその取組 」仁連 孝昭(滋賀県立大学地域共生センター長)
・事例報告「地域からの報告」
 -廣部 里美氏(農家・特定非営利活動法人百菜劇場 理事)
 -野村 正次氏(株式会社あいとうふるさと工房 代表取締役)
 -川森 慶子氏(株式会社アドバンス(CoCo壱番屋滋賀地区オーナー) )

・テーマセッション「地域再生の『壁』を越える」
 A 地域での自己実現―農のある暮らしの実現
 B あたらしい課題解決のかたち―福祉と食の融合
 C 地域資源を活かすビジネス思考―めいわくものの商品化

15:00  閉会

申込み・問合せ:
下記申し込み項目の内容を、以下の問い合せ先までお申込ください。
滋賀県立大学 地域共生センター(星野・北井)
〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
Mail:coc-biwako@office.usp.ac.jp  Tel:0749-28-9851  Fax:0749-28-0220

申込項目
氏名:
所属:
Mail:
連絡先:
★昼食申し込み:あり なし
 ※CoCo壱番屋鹿カレー 617円
★テーマセッション希望
 第1希望 A  B  C
 第2希望 A  B  C

(PDF)近江地域学会 総会 地域シンポジウム チラシ 280KB

近江地域学会―メルマガを始めました!

近江地域学会 学会員のみなさまへ向けて、メールマガジンの発行を始めました。
月1回、月初発行で、リレーコラムや、学会員の皆さまからの情報提供などを掲載していきます。活動情報共有のツールとして、また積極的な交流が生まれるきっかけとなるように、内容充実にはげみたいと思います!

初回のメールマガジンの前段を掲載いたします。
今後の受信をご希望される方は、ぜひ近江地域学会へとご入会をお願いいたします。

★近江地域学会への入会は下のリンクから諸情報ご確認の上、お手続きください。
http://coc-biwako.net/chiikigakkai.html

================================
「近江地域学会」メールマガジン Vol. 1
(2014年6月号)
滋賀県立大学「地(知)の拠点」整備事業
================================

*今月より月1回、「近江地域学会」会員のみなさまにメールマガジン
をお届けします。

【目次】
1. ご挨拶 大田啓一(近江地域学会長)
2. コラム 仁連孝昭(滋賀県立大学 地域共生センター長)
3. 会員からのお知らせ
4. 滋賀県立大学からのお知らせ
5. 編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――
1. ご挨拶
――――――――――――――――――――――――――――――――

「近江地域学会」の設立によせて

「近江地域学会」は、平成25年度文部科学省「地(知)の拠点整備事業」
に採択された、滋賀県立大学のプログラム「びわ湖ナレッジ・コモンズ
-地と知の共育・共創自立圏の形成」の一環として設立されました。
本学会は、滋賀県内で地域課題の解決に取り組まれている市民、事業者、
行政、研究者、教育者、学生の皆さんが会員となって、取り組みを通し
て得た知識や経験あるいは成果などを発表し、情報交換し、交流する場
です。このような学会活動を通して、近江地域の振興と未来の創造に寄
与することを目的としています。
地域課題に取り組まれている多くの皆さんの積極的な参加をお待ちして
います。

近江地域学会長 大田啓一

――――――――――――――――――――――――――――――――
2. コラム
――――――――――――――――――――――――――――――――

近江の中心は琵琶湖

近江の中心は琵琶湖です。しかし、琵琶湖には人が住んでいません。琵
琶湖の周りには、街道沿いの宿場町が散らばって発達し、また商人の町、
城下町がそれぞれ発達しました。個性ある地域が琵琶湖を取り囲むよう
にして、それぞれ独自の文化を育んできました。他方、日本のたいてい
の地域では、大都市に人口と産業が集中し、地方が衰退しているのが現
状です。近江は琵琶湖があるおかげで、中心都市がなく、それぞれの地
域の個性が生き残ってきたのではないでしょうか。
私は大阪生まれで、大阪市以外はどこも寝るだけの町になっていく時
代に大阪で育ちました。滋賀で働くようになり、滋賀が個性ある町がい
くつもあることに驚かされました。滋賀の個性を伸ばしていくことが、
滋賀の魅力ある発展につながり、日本の各地で展開している地域づくり
のモデルになり、ひいては世界の発展のモデルになると、それ以来ずー
っと思ってきました。ここで言う滋賀のモデル、近江のモデルは金太郎
飴のようなモデルではなく、個性ある地域を出現させるプロセスがモデ
ルになることは言うまでもありません。
近江地域学会を通じて、魅力的で個性ある地域づくりとそれに向けて
の創造的でイノベーティブな経験が交流できるのを楽しみにしています。

滋賀県立大学 地域共生センター長 仁連孝昭

※執筆者のリレー形式で、コラムをお届けします。

――――――――――――――――――――――――――――――――
3. 会員からのお知らせ
――――――――――――――――――――――――――――――――

・・・・・ and more

近江地域学会の入会等について記したページを開設しました

滋賀県立大学が取組む「地(知)の拠点整備事業」の研究活動の一環として昨年度設立した「近江地域学会」について、活動趣意や規約、入会の方法などをまとめたページを開設いたしました。

■近江地域学会のご紹介ページ
[URL]
  http://coc-biwako.net/chiikigakkai.html

※学会への入会を申し込まれる方は、こちらのページから入会申込書をダウンロードいただき、お問合せページ記載の連絡先までお送りください。

近江地域学会設立記念シンポジウムを開催しました(2014.2.22)

2月22日(土)、滋賀県立大学交流センターにおいて、大学COC事業の一環として設立する「近江地域学会」の設立記念シンポジウムを開催しました。基調講演に島根県海士町より 山内町長をお迎えしたほか、滋賀県内で地域課題解決に関わるパネリスト参加したパネルディスカッションを行いました。

近江地域学会設立記念シンポジウム
「びわ湖ナレッジ・コモンズ―地と知の共育・共創自立圏の形成」

日 時:平成26年2月22日(土)13:30 ~16:50
場 所:滋賀県立大学交流センター
主 催:公立大学法人滋賀県立大学
共 済:長浜市、米原市、彦根市、東近江市、近江八幡市、滋賀県
参加者:213人

本シンポジウムは「近江地域学会」の設立を記念して開催しました。
始めに、本学学長からの挨拶のあと、文部科学省大臣官房総務課・法令審議室長 松坂浩史氏からも御挨拶をいただきました。

続いて、連携自治体の皆様にご列席いただき、地域共生センター長 仁連孝昭より近江地域学会の設立趣意および、本学が取り組む「地(知)の拠点整備事業」の概要について紹介いたしました。

基調講演では、島根県海士町より町長 山内道雄氏 にお越しいただき、海士町における地域づくりのビジョン、行政改革の事例、考え方等についてお話いただきました。
パネルディスカッションでは、彦根市長 大久保貴氏、株式会社たねや社長 山本昌仁氏、ファブリカ村 北川陽子氏、ロハス余呉 前川和彦氏の5名に参加いただき、「共育・共創―人が育つ地域づくり」をテーマにご経験に基づいたご意見をいただきました。
参加者は、行政が約25%、一般参加者がその他となり、企業等もはじめとして、関心ある市民が幅広くご参加くださいました。

「近江地域学会」設立記念シンポジウムを開催します(2014.2.22)

「近江地域学会」設立記念シンポジウムを開催します。(2/22)

 滋賀県立大学は、文部科学省 平成25年度「地(知)の拠点整備事業」に採択され、今年度から「びわ湖ナレッジ・コモンズ -地と知の共育・共創自立圏の形成-」に取り組みます。
 これは、本学のさまざまなシーズ・実績を活かし、関係自治体等との連携のもと、教育・研究・社会貢献の観点から地域の課題解決を進めるものです。
 その一環として「近江地域学会」を設立します。これは、学術学会とは異なる性質を持つ、市民、事業者、行政、研究者、教育者、そして学生ら誰でも参加できる水平型・公開型のオープンな場です。本学会の設立記念シンポジウムを下記内容で開催します。ぜひご参加ください。

「近江地域学会」設立記念シンポジウム
『びわ湖ナレッジ・コモンズ―地と知の共育・共創自立圏の形成』

■日時:  2014年2月22日(土)13:30〜17:00
■場所:  滋賀県立大学 交流センター(滋賀県彦根市八坂町2500)
■プログラム  
13:30〜 開会挨拶  大田 啓一(滋賀県立大学長)、文部科学省高等教育局大学振興課  
13:45〜 「地(知)の拠点整備事業」の概要と近江地域学会の設立趣旨について                 
                    仁連 孝昭(滋賀県立大学地域共生センター長)  
14:00〜 基調講演『ないものはない -地域再生への挑戦』      
       山内 道雄 氏(島根県隠岐郡海士町長)  
15:00〜 休憩(近江楽座ポスター展示)  
15:20〜 パネルディスカッション『共育・共創 -人が育つ地域づくり』      
  パネリスト    山内 道雄 氏          
           大久保 貴 氏(滋賀県彦根市長)
           山本 昌仁 氏(株式会社たねや 代表取締役社長)
           北川 陽子 氏(ファブリカ村 村長)
            前川 和彦 氏(株式会社ロハス余呉/ウッディパル余呉 支配人)       
  コーディネータ   印南 比呂志 (滋賀県立大学人間文化学部 教授)    
  コメンテータ    仁連 孝昭、文部科学省高等教育局大学振興課  
17:00〜 名刺交換会

■主催:  滋賀県立大学  共催:  彦根市、長浜市、近江八幡市、東近江市、米原市、滋賀県
■申込・問合せ:【※要事前申込】  滋賀県立大学 地域共生センター
   〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500  
   Mail coc-biwako@office.usp.ac.jp  Tel 0749-28-9851  Fax 0749-28-0220

●基調講演者プロフィール:  山内 道雄 氏  島根県隠岐郡海士町長  
 1938年海士町生まれ。  NTT島根通信機器営業支店長、(株)海士総支配人を経て、1995年海士町議に当選。二期目に議長就任。2002年町長に初当選。敢えて単独町制を選択し、大胆な行政改革と地域資源を活用した「守り」と「攻め」の戦略で、島興しに奮戦している。  島根県離島振興協議会会長、全国離島振興協議会副会長、第三セクター「(株)ふるさと海士」社長。 著書に「離島発 生き残るための10の戦略」(NHK生活人新書)。