「地域デザインD」 「本を通じたまちづくり」成果報告会を開催しました。(2018/3/15)

「地域デザインD」は、滋賀県立大学が提供する近江楽士(地域学)副専攻の選択必修科目です。地域で活躍する「地域人」等と出会い、交流し、フィールドワークで知り得た地域資源を活用した企画提案(プロトタイピングによるモノづくり、コトづくり)を通じて、地域づくりの基本、作法を修得することを目的としています。
 その成果を、2018年3月15日(木)、地元の関係者にご報告させていただきました。

日 時:2018年3月15日(木) 13:00-14:30
場 所: BookCafe住暮楽(すくらむ)
参加者:地域の方々 9名 本学関係者 3名(学生2名、教員1名)

今回の課題テーマ
 長浜市木之本地区をフィールドとして、まち歩きを行い、当日開催されていた「ぐるぽ市(11月開催)」でのヒアリング調査を通じて当該地区の特徴を把握しました。
その結果をもとにして、「本を通じたまちづくり」と題し、子育て中のお母さんと子どもたち(小学校低学年まで)をターゲットとした、成果提案づくりに取り組みました。

成果発表当日(3/15)は、模型として作製した本箱を実際に見てもらいながら、子どもたちと本箱との関係性、本による子どもたちの感情の見える化などを工夫したスタンプカードなどの仕組みについて学生2名がプレゼンテーションを行いました。

 地元の方々からは、実際の模型を通じたアイデア提案について、好意的なコメントをいただきました。さらに、模型の機能について新たなアイデアをご提案いただくなど、とても楽しい時間を過ごすことができました。


 
 近江楽士(地域学)副専攻では、地域から提供いただいたフィールドや課題について、学生らしいアイデア、提案を通じて、大学と地域がともに学び合う関係づくりを進めていきたいと考えています。
 木之本地区の皆様、御協力ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。