近江地域学会総会・研究交流大会(2017.9.30) を開催しました

2017年9月30日(土)滋賀県立大学A2-202教室において、大学COC/COC+事業の一環として「近江地域学会」の第4回通常総会とともに研究交流大会を開催しました。
当日は、慶應義塾大学政策・メディア研究科 特任講師 小坂 真理氏からの基調講演の他、3つの分科会に分かれた研究発表、パネルディスカッションを行いました。
県内各地から130名の方にご参加いただきました。

「近江地域学会」についてはこちらのページをご覧ください。

近江地域学会 総会
研究交流大会「SDGsと地域の持続可能性――近江の“BUJIness(ぶじねす)”モデル――」

日 程:2017年9月30日(土)(総会9:30~)10:10〜16:30
場 所:滋賀県立大学 A2-202ほか(滋賀県彦根市八坂町2500)
参加者:130名
主 催:近江地域学会、滋賀県立大学
共 催:彦根市、長浜市、近江八幡市、東近江市、米原市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、滋賀県

近江地域学会総会

研究交流大会を前に、近江地域学会の第4回通常総会を開催しました。
総会では、平成28年度中に取り組んだ学会の各事業(地域フォーラムの開催、研究会活動、情報交流の一環としてのメールマガジン発行等)についてご出席の学会員へ向けて報告いたしました。また、総会での議決事項として、新たな役員体制についても承認いただきました。
合わせて、平成29年度の計画とともに、9月までに実施してきている事業を中間報告の形でご報告し、今後の各活動へのご参加を改めてお願いしました。議事に対する質問は特になく、滞りなく各議案をご承認いただき、総会を終了しました。
引き続き、充実した学会運営を進めて参ります。

研究交流大会

研究交流大会では、はじめに近江地域学会長・滋賀県立大学長 廣川 能嗣より開会挨拶を行いました。
近江地域学会設立のきかっけであるCOC事業(地(知)の拠点整備事業)、そして産学官民の連携で学生の地元定着に取り組むCOC+事業(地(知)の拠点大学による地方創生推進事業)を紹介しながら、本会のテーマとしても取り上げる「SDGs(持続可能な開発目標)」について、本学の今後の教育研究活動、学生の地域においても指針となるものであると紹介しました。

■分科会

午前中は3つの分科会に分かれた研究発表・事例報告「地域からの報告」を実施しました。各分科会では特徴ある取組みが発表され、質疑応答や意見交換で充実した議論が行われました。

▼各分科会名称
分科会(1) 地域診断法WS事例・展開報告と認定ファシリテーター制度試案(地域診断法研究会企画)
分科会(2) 地域と連携した共育によるアントレプレナー人材育成・地元定着へ(起業・企業研究会企画/COC+連携)
分科会(3) 地域資源・ネットワーク活性による地域課題へのアプローチ(COC公募型地域課題研究報告会)

分科会の配付資料、実施報告は下記のページにてご覧いただけます。
近江地域学会総会・研究交流大会(2017.9.30) 分科会の開催報告
https://coc-biwako.net/archives/4254.html

■ポスターセッション

昼休憩の時間の一部を使い、会場でのポスター展示・ポスターセッションを実施しました。分科会で発表された活動のポスターの他、本学教員による地域での取組み紹介、COC事業による公募型地域課題研究の成果報告をポスターで展示、全部で9件の研究報告をご覧いただきました。

▼展示された研究事業報告のポスター

  • 河 かおる(滋賀県立大学人間文化学部国際コミュニケーション学科准教授)
    小規模自治体における多文化共生推進に関する研究― 事例収集と愛荘町の課題抽出 (※H28年度公募型地域課題研究事業)
  • 平山 奈央子(滋賀県立大学環境科学部環境政策・計画学科 助教)
    地域住民による交流の場としての価値評価と保全活動意欲に関する研究―早崎内湖を対象として― (※H28年度公募型地域課題研究事業)
  • 藤敦 正幸(伊吹山集落営電/地域資源・エネルギー コーディネーター)
    伊吹山集落営電
  • 鵜飼 修(滋賀県立大学地域共生センター 准教授)
    地域診断法を用いた地域ビジョン創出手法の開発~都市近郊農山村を対象に~
    地域診断法ワークショップin 米原市河内区
  • その他 分科会1資料に使用された活動紹介ポスター

■午後の部開始

午後の部では、まず連携自治体よりご挨拶をいただきました。お忙しいご日程の中、滋賀県からは副知事 西嶋 栄治氏、そして連携市町を代表して東近江市より副市長 南川 喜代和氏にご挨拶をいただきました。

■基調講演

慶應義塾大学 政策・メディア研究科特任講師 小坂真理氏から「SDGsって何?――滋賀から考える持続可能な社会」と題して基調講演をいただきました。

講演では最初に、SDGsについて、国連での採択に至る議論の経緯を紹介されるとともに、SDGsにある各目標の内容・構成についてお話いただきました。SDGs17の目標に応じた日本の現状を具体的な数字で示し、国連で採択された国際的目標が、日本や自分自身とも関係深いものであることを説明されました。
続けて、SDGsの目標達成のための課題を説明、一つの目標へのアプローチが他の目標達成を阻害することもある、とそれぞれの目標の関連性についても述べられました。
さらに、SDGsの実現への取組みとして、取り組まれている事例を紹介いただきました。政策チェックや、大学による啓発キャンペーン、取組みアイデアを生み出すためのブートキャンプなど、各主体での活動を教わりました。県内でも、各目標の達成につながる様々な活動があり、全国でも先進的な取り組み、として滋賀県の事例を紹介いただきました。

最後に、個々人の取組みについても、各目標群の枠組みを飛び出して異分野との相互関連性がある活動を行い、その先の幅広い影響を考慮して、スケールアップを目指してほしい、と締めくくり、終了しました。

(参考:SDGsとは 外務省SDGs(持続可能な開発目標)持続可能な開発のための2030アジェンダ 解説ページ
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/doukou/page23_000779.html

■パネルディスカッション

パネルディスカッション「近江のSDGsビジョン――“BUJIness”という地域の持続可能性――」では、県内各地でSDGsの各目標に関連した取り組みを実践されている実践者として、守山漁業協同組合 戸田直弘氏、働き・暮らし応援センター“tekito-” 野々村 光子氏、滋賀県社会福祉協議会/滋賀の縁創造実践センター 林実央氏、滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 金再奎氏、滋賀県立大学人間文化学部国際コミュニケーション学科学生 中野佐統史さん にご登壇いただき、コーディネートを滋賀県立大学地域共生センター助教 上田洋平が務めました。

最初に、それぞれから、職務やご活動の中で取り組まれていることをご紹介いただきました。
戸田さんからは、琵琶湖の漁師として、日々感じる環境変化について。野々村さんからは就労支援の職務の紹介から多様な働き方ができる社会の実現について。林さんからはフリースペースや子ども食堂といった子どもの居場所づくり・地域で子どもを育てる支援について。中村さんからはフィリピンやカンボジアで行っているフェアトレードの活動とその問題意識の背景について。金さんからは滋賀県内の自治体で行ったビジョンづくりの取組みや、研究者の視点でSDGsなどで示される理念をどう実践へつなげていくかその考え方について。5名のパネリストの活動に根差した、多様な視点からの話題提供となりました。

各分野に関わるパネリストからの話題提供のあとは、SDGsのスローガンである「誰一人取り残さない」の考え方や、滋賀県ならではの地域の持続可能性への取組み(本学 上田の提唱する「BUJIness」の用語にも絡めた問いかけ)をし、それぞれに意見をいただきました。また基調講演で示された相互関連性の重要さについて、身近に感じる取り組み分野と、他の分野で連携するとして、どのような分野を期待するか等、についても問いかけ、パネリスト間でやりとりを行いました。

後半には、SDGs17各目標のロゴカードを使い、参加者一人一人にもっとも身近な分野を選び、表明してもらい、それぞれ違う意味のカードを選んだもの同士でミニディスカッションを行いました。
登壇者や本学教員、一般の参加者など全員が参加して作られた大小のグループでは、それぞれの分野への関心の背景の紹介とともに、問題意識について意見が交わされ、交流が生まれる時間となりました。

締めくくりには、会場の数名から自身が選んだ関心分野について紹介してもらい、この分野で自分自身が何に取り組めるか・取り組むかについて聞きました。一般参加の高校生や、地域で活動する林業女子、最後は本学学長からも意見を披露しました。講師の小坂真理氏からも最後にコメントを頂戴してパネルディスカッションを終了しました。

閉会には、総括として本学地域共生センターセンター長 田端 克行より、本日の議論を通じて、SDGsの理念は地域での様々な取り組みに横串を通す役割を果たし、それにより様々な相乗効果が期待できること。関心分野が違うそれぞれが、実践を行いながら、ネットワークを作っていくこの近江地域学会の場がその一助となることを期待する、と挨拶し閉会となりました。

「近江地域学会」では、引き続きさまざまな地域課題をテーマに研究・交流できる場をつくっていきます。
地域横断的な研究成果の公開や交流から各地域に生まれる具体的・創発的な活動展開への波及を目指し活動していきますので、皆様のご参加をお待ちしております。