彦根デザイン・カレッジ「国宝・彦根城築城410年祭 ひこね古代歴史ロマン紀行ウォーキングイベント」に協力しました

名称:国宝・彦根城築城410年祭 荒神山古代歴史ロマンと食と火の祭典 ひこね古代歴史ロマン紀行ウォーキングイベント
日時:10月9日(月) 9:00 ~ 13:00
参加者:150名
内容:JR稲枝駅発→稲部遺跡付近・稲枝商工会議所→荒神山神社遥拝殿→荒神山神社→荒神山古墳→展望台→荒神山公園着(約9km)
主催:国宝・彦根城築城410年祭推進員会
協力:彦根デザイン・カレッジ荒神山キャンパス

彦根デザイン・カレッジ荒神山キャンパスとして、「国宝・彦根城築城410年祭 荒神山古代歴史ロマンと食と火の祭典 ひこね古代歴史ロマン紀行ウォーキングイベント」に協力しました。
当日は5つのグループに別れ、随行スタッフとして、参加者とともに9kmに及ぶコースを歩きました。

参加者の皆様は、彦根の方もいれば、大阪など遠方よりお越しになった方、
年齢層は家族連れから年配の方など、幅広い層の参加者がおられました。

途中で立ち寄った稲枝商工会議所では学芸員による稲部遺跡の説明があり、その後集落を抜けて荒神山神社遥拝殿へ。
荒神山神社遥拝殿は、遥拝殿は、山頂までお参りに登れない人のために、ふもとから遥拝できるように建てられた拝殿です。
遥拝殿の後方に古い参道が山頂の荒神山神社まで伸びています。急な山道をのぼり、神社に到着。

神社で休憩しながら景色を一望できる絶景を楽しみました。

その後、学芸員のかたから荒神山古墳の説明をいただきました。
荒神山古墳は県下2番目の大きさを誇る前方後円墳。大和政権に深い関わりをもち、琵琶湖の湖上交通に権力を握っていた首長が埋葬されたと考えられているそうです。
参加者の方々も興味深げに耳を傾けていました。

その後は、荒神山を公園に向かって下り、ゴール。
参加者の方々には彦根名物赤こんにゃくの彦根丼がふるまわれました。

天気もよく、ウォーキングには最適な1日でした。
今後も彦根デザイン・カレッジは荒神山に関わるイベントに積極的にご協力させていただきたいと思います。

この場を借りて、参加者のみなさま、主催のみなさまに御礼申し上げます。