彦根デザイン・カレッジ荒神山キャンパス 荒神山で整備活動を行いました

4月23日、うららかな日差しの中、彦根デザイン・カレッジ荒神山キャンパス環境整備活動を行いました。
今回は、滋賀県立大学近江楽座で廃プラスチックのリサイクルをテーマに活動している「廃棄物バスターズ」5名、下石寺にある古民家シェアハウス「エコ民家」から住人である本学の学生2名、がそれぞれ参加しました。

日 時:2017年9月23日(土)8:30-12:00
内 容:土地の皆伐
参加者:9名
当日の活動主体:荒神山山王会

今回の整備活動は、本学の学生中心に行われました。
初めて参加する学生もいたため、代表の西川時男氏より、山王会の取り組みと課題についての簡単な紹介をいただきました。

 

現在荒神山のマツタケ再生のため、手入れを行っている区画の様子です。

土が見えていますが、腐葉土や、伐採した木の根などが残っており、まだまだ手入れが必要です。

今回の作業は、皆伐した区画をさらに何もない状態にすること、そして皆伐の範囲を広げることを目的に行いました。。
すでに皆伐をしているところは栄養分の高い土や根を掻き出していきます。

さらに下草や松以外の木を刈り、皆伐の範囲を広げました。

次回の里山整備は
2017年10月22日(日)8:30-11:00
です。奮ってご参加ください。