地域診断法研究会

 文明開化以降、急激に増える人口の中、私たちは大量生産・大量消費の経済モデル・ライフスタイルの中で生活を営んできました。しかし、これからの日本は人口減少の時代であり、人口増加に即した経済モデルやライフスタイルの転換が求められています。

 そうした中で私たちに必要なのは、日本らしい成熟社会の実現であり、既存の経済モデルに変革をもたらす、地域の特性を活かし地球環境と共生した、豊かな暮らしの創造です。この実現のためには、まず、地球上で一つだけの私たちの「地域」の魅力を再認識し、活かすことが求められています。

 地域診断法ワークショップ(WS)は、地域について語り合う、まちあるきをする、情報を整理する、それらの「つながり」を解読することで地域の持つ本当の魅力を改めて発見、再認識し、共有する手法です。

本研究会は、この地域診断法WSのブラッシュアップを図るとともに、進行役となるファシリテーターの育成・スキルアップ、ノウハウの研究を行うことで、WSを実践することできる人財を増やし、県内外へのWS手法の普及し、もって成熟社会の実現に寄与することを目的に活動します。併せて、参加者間での情報交換を行い、地域間、人財間のネットワークを構築します。また、研究会の成果をまとめた冊子を作成し、成果を社会に還元することを目指します。

【開催報告】2017年07月31日 第五回 地域診断法研究会

【開催報告】2017年06月26日 第四回 地域診断法研究会

【開催報告】2017年04月27日 第三回 地域診断法研究会

【開催報告】2017年03月23日 第二回 地域診断法研究会

【開催報告】2017年02月21日 第一回 地域診断法研究会

【開催報告】2017年02月06日 地域診断法研究会 準備会