研究

「地と知の共育・共創自立圏―びわ湖ナレッジ・コモンズ」の形成

近江地域学会

近江地域学会とは、水平型・公開型のオープン・アソシエーションの形態をとり、地域課題解決のため各主体(研究者、地域で活動する人、NPO、企業、行政等)が対話・交流・融合できる、包括的な場です。
学会の活動を通して、地域横断的な研究成果の公開や交流から各地域に生まれる具体的・創発的な活動展開への波及を目指します。

学会の理念
  • 地域を対象とする研究人材交流の場としての、水平型・公開型の学会運営
  • 研究成果の公開やローカリティに価値を置き、地域からの創発的展開を促すために、研究成果の公開・交流を地域横断的に実施
活動内容
  • 地域課題解決のための交流や研究活動

近江地域学会 設立趣意・規約・入会方法

「公募型地域課題研究」の推進
公募型地域課題研究

公募型地域課題研究とは連携自治体から提示された地域課題を元に、本学の教員が地域課題解決に向けた研究に取組み、滋賀県立大学の地域志向性を一層強固にするとともに、地域の再生および活性化に寄与することを目的としています。

  • 地域における行政職員や地域研究人材との共同研究(「地域連携研究員」との連携)
  • 学術志向にとらわれない地域志向研究への取り組み

平成25年度 公募型地域課題研究 採択事業一覧(PDF)

平成26年度 公募型地域課題研究 採択事業一覧(PDF)

平成27年度 公募型地域課題研究 採択事業一覧(PDF)

平成28年度 公募型地域課題研究 採択事業一覧(PDF)

平成29年度 公募型地域課題研究 採択事業一覧(PDF)