多賀デザイン・カレッジ 大滝キャンパス

多賀町の山間地域は、近年急速に進む人口減少により、地域のシンボルである大滝小学校の児童数が減少し存続が危ぶまれています。人口減少に歯止めをかけ、山間地域に子育て世代等を呼び込むために、地域人材を育成する拠点「多賀デザイン・カレッジ 大滝キャンパス」を設立し、小学校を核にした特色ある教育環境づくりを行うとともに、地域資源を活かし、地域課題を解決する産業創造の検討に取り組みます。

多賀デザイン・カレッジ 大滝キャンパス

●活動内容:多賀町大滝地域を対象とし、下記項目などに取り組みます。
(1) 特色ある教育環境づくりおよび地域人材の育成に関する事業
(2) 地域資源を活かした/地域課題を解決する産業創造に関する事業
(3) 情報発信に関する事業
(4) その他「多賀デザイン・カレッジ 大滝キャンパス」の目的を達成するために必要な事業

●活動拠点:多賀町立大滝小学校(滋賀県犬上郡多賀町川相568)

●平成28年度事業 運営委員構成団体
・大滝小学校
・多賀町教育委員会事務局
・多賀町地域整備課
・多賀町企画課
・滋賀県立大学地域共生センター

 

【実施報告】2016年6月1日 記者発表および設立宣言・総合的な学習第1回目実施

【実施報告】2016年6月~7月 大滝小学校「総合的な学習(1学期)」での地域診断ワークショップの実施

【実施報告】2016年9月~10月 大滝小まつりでの発表に向けての取り組み

【開催報告】2016年10月29日 大滝小まつり「 地域診断ワークショップ」成果発表

【実施報告】2017年3月5日 萱原地区地域診断WSの取り組み

【実施報告】2017年5月~7月 大滝小学校「総合的な学習(1学期)」での地域診断ワークショップの実施