湖東・湖北サイクルツーリズム研究事業 「岩脇列車壕・鉄道マイクリング」を開催します

COC事業により行われている「公募型地域課題研究」、本学環境科学部 近藤隆二郎教授が、米原市と協働でサイクルツアーを開発しています。
第一弾として、下記のイベントが行われます。普段見ることができない地元の「列車壕」をたずねるコースです。
是非ご参加ください。(要申込み・先着順)

—————————————–
東海道新幹線開業50周年記念事業イベント
湖東・湖北サイクルツーリズム研究事業「岩脇列車壕・鉄道マイクリング」

岩脇列車壕は、米原駅が東海道線と北陸線の分岐の駅であり、交通の要衝として重要な意味を持っていることを証明する歴史遺産です。他にも、新幹線ビューポイントなど、列車をキーワードにした手頃なマイクリングの世界を体験していただきます。

*マイクリングとは、Maibara+Cyclingの略で、米原ならではの自転車の楽しみ方を提供し、My自分自身が楽しみ、地域の魅力資源をMine掘り起こしていく意味を込めています。

日  時:平成26年10月11日(土)10時-15時頃 小雨決行
スタート:10:30-、13:30-、 15:30- (所要時間約1時間)

準 備 物:レンタサイクル(台数に限りあり)、個人所有の自転車、ヘルメットまたは帽子(頭部保護のため)、動きやすい服装(事故防止のため派手な方がよい。)、飲み物ほか

参加申込:事前申込有り。*当日会場でも受付ます。定員各20人(先着順)
参 加 費:200円(保険代)
※雨天等による中止の場合、当日朝9時に関係者へ周知します。

主  催:米原市、滋賀県立大学
協  力:モーターサイクルIBE、NPO法人五環生活ほか

【申込み・問合せ先】
米原市教育委員会事務局生涯学習課スポーツ振興担当
Tel0749-55-8020・Fax0749-55-4556 manabi@city.maibara.lg.jp

▼チラシ画像
20141011_a 20141011_b