滋賀県立大学COC 公募型地域課題研究報告会(彦根市)を開催しました

9月18日大学サテライト・プラザ彦根において、昨年度実施された「公募型地域課題研究」の彦根市を対象とした研究成果の報告会を開催しました。市民の方や行政・企業などから50名の方にご参加いただきました。

※公募型地域課題研究とは、COC事業研究活動の一環であり、連携協定を結んでいる自治体などから挙る地域課題に対して、本学の教員が研究計画を考案し、地域で取り組みを行われている「地域連携研究員」とともに研究活動を行う事業です。

地域と大学の連携による地域づくり
滋賀県立大学COC公募型地域課題研究 報告会(彦根市)

日時:2014年9月18日(木)13:00~15:30
場所:大学サテライト・プラザ彦根 B+C教室
主催:滋賀県立大学
共催:彦根市・社会福祉法人彦根市社会福祉協議会・稲枝地区まちづくり協議会・
   八坂町自治会・認定特定非営利活動法人NPOぽぽハウス・
   認定NPO法人サタデーピア

平成25年度「公募型地域課題研究」一覧(対象地域:彦根市)

  • 地域の空家活用の研究を契機とする大学立地地元八坂の地域づくり
    (滋賀県立大学 全学共通教育推進機構助教 上田洋平)
  • 市民参加による廃棄物の減量・資源化の仕組みづくり
    (滋賀県立大学 環境科学部助教 平山奈央子)
  • ハンドマッサージを通じた地域ネットワーク構築に関する研究
    (滋賀県立大学 人間看護学部助手 川端愛野)
  • 福祉サービス事業所の人材確保における新たなモデル構築の予備作業のための課題抽出
    (滋賀県立大学 人間文化学部助教 中村好孝)
  • 地域福祉を推進する仕組みの研究:福祉委員の役割に着目して
    (滋賀県立大学 環境科学部助教 小野奈々)
  • 持続可能な地域まちづくりビジョン創造手法の開発
    (滋賀県立大学 全学共通教育推進機構准教授 鵜飼修)

 

20140918_15
開会前、会場にて、人間看護学部川端助教が研究で実施したハンドマッサージを体験できるブースを設けました。お一人10分程度の短い体験でしたが「心身ともにリラックスできた」「身体があたたまった」とご好評いただきました。

20140918_1
報告会では、はじめに本学地域共生センター長 仁連孝昭からご挨拶し、COC事業の趣旨と「公募型地域課題研究」が目指すものについてご紹介しました。

その後報告会では、空家、廃棄物、福祉、まちづくりなど、多様なテーマに取り組んだ6つの研究成果が発表されました。

20140918_2
1. 地域の空家活用の研究を契機とする大学立地地元八坂の地域づくり
全学共通教育推進機構上田助教より、八坂地域の空家に関する調査結果と、それに伴う課題と解決策(学生参与型シェアハウスなど)について発表いただきました。

20140918_3
2. 市民参加による廃棄物の減量・資源化の仕組みづくり
本研究「地域連携研究員」の彦根市市民環境部生活環境課長補佐 杉山暢基氏から、一般廃棄物の減量や資源化のための情報提供のしくみづくりと場づくりの手法に関する提案を発表いただきました。

20140918_4
3. ハンドマッサージを通じた地域ネットワーク構築に関する研究
人間看護学部川端助教より、ハピネス彦根において定期的に実施したハンドマッサージの効果(心身に与える影響など)と可能性(地域住民が集う場づくりなど)について報告いただきました。

20140918_5
4. 福祉サービス事業所の人材確保における新たなモデル構築の予備作業のための課題抽出
人間文化学部中村助教より、福祉サービス事業所の職員・利用者・家族などへの聞き取り調査の結果を報告いただき、福祉分野の人材確保に向けた取り組みについて発表いただきました。

20140918_620140918_7
5. 地域福祉を推進する仕組みの研究:福祉委員の役割に着目して
環境科学部小野助教と、本研究「地域連携研究員」の彦根市社会福祉協議会地域福祉課長 藤原明彦氏より、地域における戦略的な支え合いの構築に向けた「福祉委員」の設置に関する状況と課題について発表いただきました。

20140918_8
6. 持続可能な地域まちづくりビジョン創造手法の開発
全学共通教育推進機構鵜飼准教授が本研究で開発した「地域診断法ハンドブック 〜地域の未来を描こう!〜」をもとに、ワークショップを行いました。

20140918_920140918_1020140918_1120140918_13
地域の本質的な価値を多面的な側面から分析し、それらのつながりを解釈する方法「地域診断法」を用いて、「未来に継承したい彦根市の○○○○」をテーマにグループで話し合いました。所属や立場を超えて、彦根市の将来像について多様な参加者が対話する機会となりました。

20140918_14
最後に、彦根市企画振興部企画課長 牛澤淳氏から、本研究に対する期待や成果の活用などについてお話しいただき、閉会となりました。

これらの研究成果をより一層地域づくりに活かして行けるように、今年度も研究に取り組んでいきます。引き続き、みなさまの積極的なご参加をよろしくお願いします。