長浜デザイン・カレッジ 「まちづくり実践講座」第2回を開催しました(2017.7.29)

本学では「地(知)の拠点整備事業(文部科学省事業)」による人材育成の取組みの一環として、長浜市との「連携協力に関する協定」に基づき「長浜デザイン・カレッジ」を設置。長浜市市民活躍課市民活動支援室および ながはま市民活動センターと連携した運営を行っています。
「長浜デザイン・カレッジ」では、昨年度より、長浜市内の地域づくり協議会をはじめ地域づくりに関わる人材が、地域活動のノウハウや視点を身に着け、主体的な活動を実現できることを目指し、人材育成講座を行っています。
今年度は「まちづくり実践講座」として、実際に取り組むプロジェクトづくりにつなげやすい連続講座を実施しています。

7月29日(土)、第2回目の講座を開催しました。

まちづくり実践講座
② 地域力を知り、意見を交わそう~意見を聞く力、まとめる力~

日 時:2017年7月29日(土) 11:00~16:00
場 所:米原市大野木 大野木公民館
参加数:32名(内訳:参加者23名,ながはま市民活動センター2名,市3名,大学2名,現地講師2名)
講 師:滋賀県立大学地域共生センター准教授 萩原 和
主 催:ながはま市民活動センター、長浜デザイン・カレッジ(長浜市、滋賀県立大学)

内容:
今回は、地域での実践事例を見て、自らの地域での活動に活かす目的で、米原市大野木の「大野木長寿村まちづくり会社」による取り組みを視察しました。
最初に、まちづくり会社の社長 西秋清志さんから、地域活動のきっかけや、事業内容についてご紹介いただきました。大野木の高齢化率を示し「30年後の大野木の未来を考えよう」と話し合いを重ねたこと。会社設立のため、地域の課題を地域で解決する、などの理念を創り上げ、その方向性に沿って まちづくり会社の事業を行っていることなど、実践されてきた歩みを丁寧に教えてくださいました。
あとから、副社長の清水清市さんも合流し、参加者からの事業内容等に関する具体的な質問にお答えいただきました。
そして、一通りのご説明を伺ったのち、「たまり場食堂」を見学しました。

この日は毎週土曜に行われている食堂の営業日でした。11時頃から流しそうめんが行われ、地域の子どもたちはもちろん、幅広い世代の方たちが楽しんでおられたそうでした。ご厚意で、参加者のお昼ご飯としてそうめんを準備いただいており、清水さんらとご一緒してお話を伺いながらいただきました。

食事をとったあとは、さらに時間をとって質問にお答えいただきました。事業運営の手続きや、後継者育成についてなど、共通の地域課題に取り組む目線から尋ねられる質問が多いようでした。

後半からは、滋賀県立大学地域共生センター准教授 萩原が講師となり、グループワークを行いながら視察の感想を共有するワークショップを行いました。あわせてここでは、地域での話し合いに活かしてもらえるように、話し合いの場での工夫や、意見の共有の仕方・まとめ方のポイントを伝えました。

ランダムに5つのグループに分かれて取組み。枠線を引いた紙のガイドに沿って付箋に大野木を見学してよかった点・気づき・ポイントを3つ程度書き出し、メンバー間で共有しながら貼り出しました。それぞれのグループで意見を交わし、グループ内で共感を集めた意見をチェックしたり、メンバーの感想をまとめて大野木の取組みの良い要素を導き出そうとしたグループもありました。
その後、他のグループのとりまとめ成果を見て回る時間「他花受粉」の時間をとり、ワールドカフェ形式でグループを超えて意見を交わし合いました。
この時間には、それぞれでシールを持ち、もっとも共感した意見にシールを張りました。ワールドカフェを終え、元のグループに戻ってから、他グループメンバーからの投票結果を見て、さらに感想を交換しました。

ワークの最終段階は「地域づくりに必要な10ヵ条」を作成することを目標としました。各グループに2つずつ、意見交換の成果を踏まえた条文を作成してもらいました。
グループごとに考え抜いた条文を全体へ発表し、共有。出てきた条文をふさわしい順番に並べ替えるなどして全員で「地域づくりに必要な10ヵ条」を作り上げました。
「三世代交流にはいこいの場が有効だ!」
「みんなで楽しむ居場所づくり!夢づくり!」
「手作り感のあるたまり場がつながりと信頼関係を生む」
「活動することを遊び心も入れて楽しむのも重要だ!」
「地域活動はみんなの熱意で盛り上げる」
10ヵ条は大野木の様子を見学し、しっかり学んだからこそ生まれた項目ばかりとなりました。地域の取組みに重要な要素について気づきが得られたのではないでしょうか。
最後に、全員で条文を唱和し、締めくくりとしました。

今回の取組みを元に、自ら「地域づくりに必要な7ヵ条」を考え、自身の地域に当てはめてレーダーチャートを作成することを宿題として持ち帰っていただきました。
次回は8月30日(水)の開催となります。引き続き熱心なご参加をお待ちしています。