近江地域学会総会・研究交流大会(2016.8.11) を開催しました

2016年8月11日(木祝)滋賀県立大学A2-202教室において、大学COC事業の一環として設立した「近江地域学会」の第3回通常総会とともに研究交流大会を開催しました。
当日は、地域活性化センター理事長 椎川 忍氏からの基調講演の他、3つの分科会に分かれた研究発表、パネルディスカッションを行いました。
県内各地から101名の方にご参加いただきました。

「近江地域学会」についてはこちらのページをご覧ください。

近江地域学会 総会
研究交流大会「地域づくり・人づくり・仕事づくり」

日 程:2016年8月11日(木祝)(総会9:30~)10:10〜16:30
場 所:滋賀県立大学 A2-202ほか(滋賀県彦根市八坂町2500)
参加者:101名
主 催:近江地域学会、滋賀県立大学
共 催:彦根市、長浜市、近江八幡市、東近江市、米原市、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町、滋賀県

近江地域学会総会

DSCF5502DSCF5505

研究交流大会を前に、近江地域学会の第3回通常総会を開催しました。
総会では、平成27年度に取り組んできた地域フォーラムの開催、研究会活動、情報交流の一環としてのメールマガジン発行等について報告を行いました。また新たな役員体制についても承認いただきました。
平成28年度に予定している各研究会の取組み内容についても紹介し、積極的なご参加を改めてお願いしました。会場からは今後の学会活動に関して複数のご質問をいただき、充実した内容で終了しました。
いただいたご意見を参考に、今後より充実した学会運営を進めて参ります。

研究交流大会

研究交流大会では、はじめに近江地域学会長・滋賀県立大学長 大田啓一より開会のご挨拶を述べました。
DSCF5517DSCF5512
午前中は3つの分科会に分かれた研究発表・事例報告「地域からの報告」を実施しました。
各分科会では特徴ある取組みが発表され、質疑応答や意見交換で充実した議論が行われました。

▼各分科会名称
分科会(1) 地域資源を活かした地域活性化
分科会(2) 地域資源を活かした人材育成
分科会(3) 空き家利用・リノベーションによる地域活性化(COC公募型地域課題研究報告会(彦根市))

分科会の配付資料、記録は下記のページにて報告しています。
近江地域学会総会・研究交流大会(2016.8.11) 分科会の開催報告
http://coc-biwako.net/archives/2698.html

午後の部では、まず連携自治体よりご挨拶をいただきました。お忙しいご日程の中、滋賀県からは副知事 西嶋 栄治氏、そして連携市町を代表して近江八幡市より総合政策部長 青木 勝治氏にご挨拶をいただきました。
DSCF5522DSCF5539

続いて、本学のCOC/COC+事業の取組みについて、地域共生センター准教授 萩原 和から報告しました。4年目を迎え本格的な地域教育プログラムの運用が始まったCOC事業と、昨年度から開始され若者の地域定着に向けた事業推進体制が整えられていっているCOC+事業について、改めて知っていただく機会となりました。

DSCF5555DSCF5584DSCF5587DSCF5615

■基調講演

地域活性化センター理事長・前総務省自治財政局長 椎川 忍氏から「地方創生の課題と成功する地域の条件~持続可能な地域づくり」と題して基調講演をいただきました。これからの社会において、競争し合うことで地域づくりを行っていくよりも、感動と共感で人を集め、ファンや応援者を増やして地域の持続可能性をつかんでいく「第3カーブマーケティング」について、事例と実践を踏まえてご紹介くださいました。さらに、地方の人口減少は超長期的には全国人口が500万人を下回る事態につながる「静かな有事」であるとし、地域の持続性を確保するための「地方創生」の戦略や地域での取組み姿勢、高校や大学の役割、先進地域の事例についてお話いただきました。

■パネルディスカッション

パネルディスカッションでは、パネリストにもご登壇いただいた椎川氏に加え、本学卒業生であり地域での活動を継続しながら県内事業者へ就職をされた 吉田 瑛里奈氏(タケコマイ、とよさと快蔵プロジェクト)、そして本学COC+推進室長・COC+推進コーディネーターの田端 克行が登壇し、地域共生センター 萩原の進行のもと、地域づくりにおける若者の役割や、若者や移住者の定住・定着する地域をテーマとして議論を行いました。

吉田氏からは、本学の学生による地域貢献プロジェクト“近江楽座”による活動「とよさと快蔵プロジェクト」で体験した地域の方とのコミュニケーションから、県内就職と継続して地域に住まう選択をした背景について具体的に紹介いただきました。田端からは、地元就職について、大学での取組みや、学生の県内就職志向と実情のミスマッチなど、本学学生の傾向を踏まえた若者の働き方選択の実態を紹介しました。また椎川氏からは全国的に見た若者の移住志向の強まりをご紹介いただき、地域で力を発揮する人材を育むための中学・高校時代での地域教育の充実や大学での教育のあり方、リカレント教育などにより人材を育む重要性、成熟社会でどのように生きていくか、など様々な切り口から話題提供いただき、三者の意見交換により地域での生き方の選択について議論を深めました。
DSCF5631DSCF5637P1020806P1020813
DSCF5664P1020852

最後に、総括として本学地域共生センターセンター長 濱﨑 一志より、今後さらに高齢化などの課題に直面していく地域の持続性に対して、大学として地域づくり人づくり仕事づくりをミッションにいっそうの活動充実に取組み、地域貢献のリーディング大学として役割を果たしていくことをご挨拶し、閉会となりました。

「近江地域学会」では、引き続きさまざまな地域課題をテーマに研究・交流できる場をつくっていきます。
地域横断的な研究成果の公開や交流から各地域に生まれる具体的・創発的な活動展開への波及を目指し活動していきますので、皆様のご参加をお待ちしております。