「ミズベリング近江八幡会議」を開催します(2015.9.27)

 文部科学省「地(知)の拠点整備事業」の一環として、滋賀県立大学は近江八幡市ならびに地域の事業団体等と連携し、地域人材育成拠点「地域デザイン・カレッジ」の運営や学術志向にとらわれない地域志向研究「公募型地域課題研究」に取り組んでいます。
 これらの活動や研究の報告を含め、西の湖から八幡堀へと続く水辺空間の活用のあり方について考える「ミズベリング近江八幡会議」を開催します。他地域での取り組みや規制緩和等の具体的な事例にも学び、地域活動者や有識者、学生らと共に、近江八幡の水辺の活用について具体的なプロジェクトを議論します。多くの皆様の参加をお待ちしております。


「ミズベリング近江八幡会議」
近江八幡デザイン・カレッジフォーラム
滋賀県立大学COC公募型地域課題研究報告会

日 時:2015年9月27日(日)13:30〜16:00(受付開始13:00)

場 所:近江八幡商工会議所大ホール(近江八幡市桜宮町231-2)

参加費:無料

プログラム:

1.開会挨拶

2.来賓挨拶

3.活動紹介(話題提供)<30分>
「近江八幡デザイン・カレッジについて」 株式会社まっせ 田口真太郎
「西の湖廻遊路計画について」 滋賀県立大学 教授 松岡拓公雄
 ・滋賀県立大学COC事業における、西の湖の活用に関する地域課題研究の報告
 ・近江八幡市まち・ひと・しごと創生事業・観光地域づくり部会における西の湖活用プランの発表

4.事例紹介<60分>
「ミズベリング・プロジェクトについて」 ミズベリング・プロジェクト事務局 滝澤恭平
 ・日本のミズベ空間の新しい活用の可能性について
「自然学プロジェクトについて」 成安造形大学 学長 岡田修二
 ・成安造形大学「自然学」プロジェクトにおける、水辺をテーマにした事例と取り組みの紹介

5.ワークショップ<60分>
西の湖から八幡堀へと続く水辺空間の活用についてグループワークと発表
ファシリテーター:松岡拓公雄
コメンテーター :岡田修二、滝澤恭平、滋賀県立大学 学長 大田啓一

6.閉会挨拶

主 催:近江八幡デザイン・カレッジ
    (滋賀県立大学、近江八幡市、近江八幡商工会議所、安土町商工会、まちづくり会社㈱まっせ)
共 催:ミズベリング・プロジェクト、成安造形大学、NPO法人アスクネイチャー・ジャパン

申込み・問合せ:
お名前・ご所属・ご連絡先(電話またはメール)を明記の上、下記までお申込ください。
近江八幡デザイン・カレッジ 事務局(株式会社まっせ内)
TEL・FAX:0748-47-2045 メール:info@massee.jp

【チラシPDF】ミズベリング近江八幡会議