「彦根デザイン・カレッジ」環境整備活動&地域交流会を実施しました(2015/9/1)

2015年9月1日「彦根デザイン・カレッジ 荒神山キャンパス」事業として、荒神山周辺地域の環境整備活動および地域交流会を実施しました。

日 時:2015年9月1日(火)8:15~12:30
場 所:宇曽川河川敷、河岸/彦根市荒神山自然の家
内 容:
8:15〜 開会・趣旨説明
8:30〜 環境整備活動
10:30〜 地域交流会
12:30  閉会

第4回目となる今回は、地域住民の方や自治体職員、本学の学生教職員ら総勢40名が参加しました。まず、環境整備活動では、宇曽川河川敷、河岸清掃を行いました。主に、河川漂着物の撤去や草刈り作業を分担して行い、清掃作業ではペットボトル、ビン、ビニール、プラスチック、発泡スチロールなどを拾い集めました。その量はおよそ軽トラック2台分。河川の清掃にリバーボートも利用し、本格的な清掃作業となりました。

IMG_5845IMG_5852IMG_5854IMG_5859

環境整備活動終了後は地域交流会を開催しました。野外炊事で交流を行うとともに、環境整備活動の感想や課題について話し合いました。また、滋賀県立大学、彦根市、荒神山山王会、荒神山を愛する仲間の会等から、地域活動の紹介を行いました。

参加者からは、下記意見等が出されました。
・地域の拠点としての荒神山を生かして、地域を活性化していきたい。
・人と人のつながり、ネットワークを大切にしていきたい。
・このように活動はなかなかどこでも行えることはないので、是非継続してもらいたい。
・荒神山キャンパスを通じて、これまで地域で行っていた活動を広く展開できるのがうれしい。
・荒神山で清掃を始めたのが13年前。以来少しずつ啓発を繰り返し、徐々にきれいになってきている。有志の集まりが活動をしなくてもよいくらい、一般の方に更に広めていきたい。
・荒神山キャンパスの活動趣旨や内容などを効果的にPRしていく方法を考えていきたい。
・環境整備活動を終えた後の爽快感は、何とも言いがたいものがある。

IMG_5870IMG_5864
IMG_5894IMG_5896

この他、滋賀県立大学からは近江楽座の二つのプロジェクトが活動紹介を行いました。「滋賀県立大学BESSER’S」からは、内湖の水環境を在来種にとって住みやすい環境にしていくための外来生物駆除や啓発活動について。「廃棄物バスターズ」からは、廃棄ブラスチックのリサイクル製品開発を紹介しました。

「彦根デザイン・カレッジ 荒神山キャンパス」では、地域交流の機会を兼ねて、引き続き環境整備活動を推進していきますので、皆様、ぜひご参加ください。
http://coc-biwako.net/archives/1123.html