東近江まちなかワークショップを開催しました

東近江市において進めている地域デザイン・カレッジ設置の取り組みの一環として、「東近江デザイン・カレッジ まちなかキャンパス」の設置に先立ち、8月8日(土)八日市駅前本町通り商店街で開催された「やつなぎマルシェ」と連携し、プレワーク「まちなかワークショップ」を行いました。

日 時:平成27年8月8日(土)11:00~15:50
場 所:東近江市八日市駅前 本町通り商店街内サンパーク
主 催:滋賀県立大学・東近江市
参加者:第2部 23名
内 容:
11:00~13:30 第1部「みんなの構想あつめ」
14:30~15:50 第2部「わたしたちが描く商店街」

第1部では「やつなぎマルシェ」にお越しのお客様や、商店街各店主、やつなぎマルシェ出店者から「商店街がこうなったらいいなあ/商店街にこんな店があったらいいなあ」を問いかけに、商店街に対するニーズを伺いました。マルシェには子育て世代の女性が多く参加されており、「子どもを連れてゆっくり過ごせる場所」「ゆっくり居られるカフェ」などの回答が多く集まりました。
DSCF7704DSCF7705DSCF7708

第2部には「わたしたちが描く商店街」と題し、第1部で出た意見などを参考に「商店街といえば●●である」という商店街へのビジョンをワークショップ形式の意見交換で練り上げました。地元商店街の方数名の他は、他地域からの参加でしたが、共通に持っている「商店街で体験した思い出」を下敷きに商店街の楽しみなどを出し合ってのワークとなりました。
商店街には「人と人、人と店のリアルなつながりがある」「イベントは心電図」「五感を育む」「焼き物・揚げ物」「つどえる場」など、商店街が持つ機能とともに生活感の中で楽しみを共有できる商店街のイメージが紹介されました。
DSCF7711DSCF7718DSCF7721DSCF7729DSCF7737DSCF7740DSCF7748

今回のプレワークを受けて、より具体的な「東近江デザイン・カレッジ まちなかキャンパス」の活動へとつなげて行きます。
今後の活動にもぜひご参加ください。