「地域と大学の連携によるまちづくり」彦根フォーラムを開催します(2015.9.23)

 文部科学省「地(知)の拠点整備事業」の一環として、滋賀県立大学と彦根市、及び地域の市民団体、事業団体等が連携し、地域人材育成拠点「地域デザイン・カレッジ」の運営や、学術志向にとらわれない地域志向研究「公募型地域課題研究」に取り組んでいます。
 これらの活動や研究をご報告し、地域活動に取り組む方々のネットワーキングを目的としたフォーラムを開催いたします。特に、第2部のセッションでは、ワークショップ形式で荒神山周辺地域の課題解決について、参加者の皆様と共に考えたいと思います。
 下記の内容で開催いたしますので、お誘い合わせの上ぜひご参加ください。


「地域と大学の連携によるまちづくり」
 彦根デザイン・カレッジ 荒神山キャンパス フォーラム
 滋賀県立大学COC公募型地域課題研究 報告会(彦根市)

日 時:2015年9月23日(祝・水) 13:00〜16:00(受付開始12:30)

場 所:彦根市荒神山自然の家(彦根市日夏町4794番地1)
※お車は荒神山公園第四駐車場にお停めいただき、徒歩(5分)でおいでください。

参加費:無料

プログラム:
13:00〜 開会挨拶 滋賀県立大学 地域共生センター長 濱崎一志
13:05〜 【第1部:話題提供】
① 「彦根デザイン・カレッジ荒神山キャンパス」クロストーク
・彦根市荒神山自然の家副主幹 西堀和彦
・荒神山山王会会長 西川時男
・荒神山を愛する仲間の会代表 大森豈江
・滋賀県立大学地域共生センター准教授 鵜飼修
・滋賀県立大学廃棄物バスターズ代表 山花広樹
② 彦根市における滋賀県立大学「公募型地域課題研究」報告
・環境科学部教授 増田佳昭
 「彦根市南部地域の農業振興につながるヨモギ生産加工方式の研究」
・人間文化学部准教授 篠原岳司(現職:北海道大学大学院教育学研究院准教授)
 「包摂型社会にむけた子ども若者への共同支援に関する研究」
・人間看護学部教授 伊丹君和
 「地域住民の防災意識向上および「防災力」強化に向けた地域ネットワーク構築に関する基礎研究」
・地域共生センター助教 上田洋平
 「地域の空家活用の研究を契機とする大学立地地元八坂の地域づくり」
・地域共生センター准教授 鵜飼修
 「持続可能な地域まちづくりビジョン創造手法の開発」
14:35〜 【第2部:ワークショップ】
・荒神山周辺地域における課題に対し、解決策をテーマ別でグループワーク
 (ファシリテーター:滋賀県立大学 鵜飼修)
15:55〜 閉会挨拶 彦根市 企画振興部長 萩野昇

主 催:彦根デザイン・カレッジ荒神山キャンパス、滋賀県立大学、彦根市
共 催:荒神山山王会、荒神山を愛する仲間の会、滋賀県看護協会、
    稲枝地区まちづくり協議会、八坂町自治会

申込み・問合せ:
お名前・ご所属・ご連絡先(電話またはメール)を明記の上、下記までお申込ください。
滋賀県立大学 地域共生センター(星野・北井)
〒522-8533 滋賀県彦根市八坂町2500
Mail:coc-biwako@office.usp.ac.jp  Tel:0749-28-9851  Fax:0749-28-0220

【チラシPDF】「地域と大学の連携による地域づくり」彦根フォーラム