「楽座」から「学座」へ、そして「びわ湖・ナレッジコモンズ」へ

理事長/学長 大田 啓一

「キャンパスは琵琶湖。テキストは人間。」これは滋賀県立大学の特徴をもっとも端的に表す標語です。滋賀県立大学は一貫して、科学知を学ぶことにとどまらず、キャンパスから現場に出て、問題を現場で体験し、現実のさまざまな問題と格闘している人々から問題と現実と切り結ぶ態度を学ぶことを、教育・研究の基本的視点としてきました。これこそが、現実世界に対応できる新たな科学知を生み出す力を育てると確信しています。

その上に立って、「環境フィールドワーク」「環琵琶湖文化論実習」をはじめとした現場でのアクティブ・ラーニング科目を通じた教育、「スチューデント・ファーム近江楽座」による、学生の自発的な地域貢献活動の支援、「近江環人地域再生学座」による地域再生人材(コミュニティ・アーキテクト)の養成などのプログラムを実施してきました。これらを通じて、大学と地域の連携をさらに深め、いっそう継続的に地域課題に取り組むことが、大学の教育力・研究力を高めることにつながるという自信を強めました。

滋賀県立大学は、平成25年度より文科省「知(地)の拠点整備事業(COC事業)」に取り組むことになりました。この事業を通じて、ナレッジ・コモンズ(共有知・智)の拠点を形成し、地域とともに地域課題に取り組み、将来を担う変革力を持った人材の育成と、課題解決につながる研究をさらに発展させていきます。みなさまのより積極的な関与を期待しております。